うつ病チェック

 携帯電話の方はこちら


うつ病チェック(うつ病症状・うつ病治療・うつ病克服法)


<うつ病チェック1:
アナタはこんな症状(以下のチェック項目から五つ、それ以上のチェック項目)があてはまりませんか?>


チェック1:抑うつ気分

憂鬱である、悲しい(あるいは喜びも悲しみも感じない)、何の希望もない、落ち込んでいる、急に怒りっぽくなったりイライラする。

チェック2:興味や喜びの著しい減退

何事にも興味が持てなくなり、楽しいと思えなくなり、閉じこもりがちとなる

チェック3:食欲の減退、または増加

食欲自体が湧いてこない、体重減少が起こる。一方、甘いものなど、食欲が増し、体重が増加する。

チェック4:不眠、または睡眠過多

なかなか寝付けない、途中で目が覚めてしまう、朝方(例えば通常より2時間以上早く)目が覚めてしまう場合。一方で、睡眠時間が長くなり、昼間もほとんど寝ている。

チェック5:強い焦燥感や運動の制止

ジッと座っていられないほどの焦燥感、イライラ。また、明らかに身体の動きが遅くなる、口数が少なくなる、声が小さくなるなどの制止。

チェック6:疲れやすさと気力の減退

極度の疲労感、身体が重いなどの疲れやすさ。何もする気になれない、何をするにも億劫である。

チェック7:強い罪責感、無価値感

根拠なく自分を責めたり、過去の些細なことを思い出しては悩んだり。

チェック8:思考力・集中力の低下

注意散漫、集中力低下により、仕事や勉強などが思うようにできない。決断力の低下。

チェック9:死にたいと思ってしまう

一日中死にたいと思ったり(自殺念慮)、死のうと思って行動に移そうとする(自殺企図)。

以上のチェック項目に該当するような症状が1~2週間続くようであれば要チェックです・その場合は一度、専門医に相談することをお勧めします。早めのチェック、早めの診断が望ましいと思います。


<うつ病チェック2:三つのうつ状態>

チェック1:脳や身体(疾患)に原因のあるうつ状態

例えば心筋梗塞、脳血管障害(脳梗塞や脳内出血)、糖尿病、甲状腺の病気、肝機能障害、がんなどからくるうつ状態。

チェック2:ひとりでに起こる(内因性)うつ状態

大きなストレスやこれといった原因からではなく、内因(遺伝体質的素因)などによって起きる場合。この場合も、発症時にきっかけになる出来事がある場合が多い。

チェック3:心因(原因・出来事・体験)によって起こるうつ状態

何らかのストレス(愛する人の喪失、事故や死ぬほどの恐怖体験、長い時間をかけて内面的に生じたストレスなど)がきっかけになって起きる場合。


<うつ病チェック3:治療について>

・薬物療法

うつ病は脳内神経伝達物質の異常が原因といわれていますので、基本的には、抗うつ剤や抗不安薬などの薬による治療が必要です。抗うつ剤には、依存性はほとんどないといわれています。効果が現れるのには、通常1~2週間ほどと言われていますので、副作用が少なく、効果が出る薬を、医師と経過を診ながら検証していくことになると思います。

・精神療法(心理療法)

薬で症状を軽減させながら、医師またはカウンセラーとじっくりと話し合います。うつ病の治療法としては、認知療法やカウンセリングがよく用いられています。


<うつ病チェック4:うつ病とカウンセリング>

カウンセリングは、うつ病によって不安定な精神面をサポートする意味で行われます。
自分の性格傾向、今の辛い気持ちや不安、病気への取り組みへの考え方などを言葉にしながら、じっくりと精神的な安定や建て直しも図っていきます。


<うつ病チェック5:うつ病になったら>

先ず、専門医(精神科・心療内科)を尋ねることをお勧めします。
うつ病は、病気ですので、専門的な治療やサポートが必要不可欠です。


<うつ病チェック6:うつ病との付き合い方>

・うつ病の症状か性格かのチェック

上に記した九つの症状は、性格ではなく、うつ病という病気による症状です。
風邪を引いたら熱やだるさがでるのと同じです。うつ病になると、何でも自分の性格だと思い、自分を責めがちですので、医師に相談することをお勧めします。

・うつ病の波を知る

うつ病は波があります。基本的には、良くなったり落ち込んだりを繰り返す病気です。
自分の波(周期やタイミング・程度など)を知っておくことも有効で、これも専門医に相談できます。

・治るのには時間をかける

うつ病は急に良くなる病気ではありません(急に良くなる場合、薬の副作用か、躁うつ病の躁の可能性があります)。数ヶ月単位、年単位で、じっくりと推移を見ていきましょう。

・薬を勝手に止めない

副作用が強ければ、すぐ医師に連絡・相談してください。自分に合う薬が見つかるまでは、自分で「良くなった」と思ったり、「薬に頼るのは良くない」と勝手に判断しないで、その際も医師に相談することをお勧めします。通常、良くなっても再発防止を考え、一年位薬を飲み続けるということです。

以上、ここでは、基本的なことについて書きましたが、先ずは専門医への受診、専門医との相談が大切です。素人判断は危険です。この文章を読んで理解した気にならず、医師と相談することをお勧めします。


参考文献:
『うつ病をなおす』   野村総一郎 講談社現代新書
『「うつ」を治す』   大野 裕  PHP新書
『軽症うつ病』     笠原 嘉  講談社現代新書
『精神医学ハンドブック』山下 格  日本評論社



 
         










HOME - ■職場の人間関係■ - ■受講者の声■ - ■相談メニュー一覧■- ■プロフィール■ - ■鈴木の無料相談■