-良い夫婦の条件-

先ずは、みなさんこの質問に答えてみてください。

■お父さんは子供の担任の先生の名前を言える

■お父さんは子供の誕生日を覚えている

■何か大切なことは、お父さんに相談して決める

■子供の前では、なるべく夫婦喧嘩はしないようにしようと決めている

■夫婦や家族で、一緒にお風呂に入ることが多い(多かった)

■子供の前では、絶対にお父さん(お母さん)の悪口や愚痴・不満は言わない

■夫(妻)のことを尊敬している(信じている)

■時間がある時は、夫婦二人でお茶を飲んだりする

■夫は妻の愚痴や話をよく聞いてくれる

■外で自分の妻(夫)への不満は、絶対に喋らない

■困った時ほど、夫婦でよく話し合いをする

■夫(妻)の自己実現を、心から喜び、そして応援したいと思う

■父親(母親)として、自分の夫(妻)には大きな不満はない

■夫婦二人で過ごす老後が楽しみだ

さて、
これらの質問に、あなたはいくつ「イエス」と答えられますか。
おそらく、イエスと答えられない人は、ほとんどの質問にイエスとは答えられないでしょう。
そして、
イエスと答えられる人は、ほとんどの質問にイエスと答えられるでしょう。
はっきりと、分かれると思います。

次の質問に移ります。

-家族の絆-

■我が家には、「しなければならない」というルールの数は、少ない。

■我が家には、「してはいけない」というルールの数が少ない

■家の壁には、子供の描いた絵や、写真がいろいろ飾ってある。

■子供たちは、お父さんとお母さんが大好きだ

■我が家の食卓は、いつもとても楽しい

■子供が好き嫌いが多くても、それでも無理に食べさせようとはしない

■子供の好きな食べ物をよく作ってあげる

■子供によく絵本を読み聞かせてあげる

■子供の話をよく聞いてあげる

■親として、子供の力を信じている

■子供の良い所、長所をすぐにいくつも言える

■子供が帰ってくると、必ず「お帰り」と子供の眼を見て言う

■子供のことが、可愛くてしょうがない

■子供とのスキンシップが楽しい

■家族で過ごす時間は、人生のなかで最も楽しく、大切だと思う

さあ、
これもどのくらい「イエス」と言えるでしょうか。

-見えない努力-

幸せな家族を見ると、羨ましいと思う人がいたとします。
その人は、そういった家族がただただ羨ましいと思います。
自分はなぜ、そんな家族に恵まれなかったのかと、思うでしょう。

しかし、
そういう人は、大切なことを見逃しています。
幸せな人というのは、幸せになるために、物凄い努力をしているものです。
人には見えないところで、凄い努力をしているのです。
その努力をみていると、
その人や家族が幸せになって当たり前だと思うくらい、凄い努力を重ねてきています。
ただ、人の幸せをうらやむ人は、そういったところを見ようとはしません。

幸せな人は、自分の身の回りに起こる様々な問題について、
先ず自分自身に答えを求めようとします。
「自分に原因はなかったか。自分にできることはないか」
常にそういう発想をします。
そして、何か問題が起こる度に、学び、成長しています。
問題を機会にかえていくわけです。

成功者といわれている人たちも同様です。
彼らは成功するために、多くの失敗や挫折、苦労を経験してきています。
辛酸をなめ、苦渋に満ちた選択を何度も迫られ、それを乗り越えてきています。
しかし、それをただうらやむ人たちは、そうした影の努力を見ようとしません。
そして、そうした人たちから何も学ぼうとしません。

物事は、そして現実は厳しいものです。
地面に水をかければ、その地面は濡れてしまいます。
幸せも、その努力も同じことです。
努力をすれば、そしてその努力の方向性が間違っていなければ、
幸せになります。
水をかけなければ、地面はぬれません。
幸せになろうと努力しなければ、幸せにはなりません。
全く同じ、自然の摂理です。
「そんなこといったって、そんな努力ができれば苦労しないよ」といって、
人を責めたり自分を責める人は、
「地面に水をかけたら濡れるなんて、理不尽だよ」と言っているようなものです。
水をかけなければどうなるか?
答えは簡単。
地面が濡れないだけです。
それしかありません。

現実をいかに味方にできるか。

問題はそこです。
最後には現実が味方になってくれるような過ごし方を学ぶのです。
それを選ぶのは、
他でもないあなた自身なのです。
自分の中でいくら理屈をこしらえてみても、
現実はだまされません。
何よりも、心の底でそのことを一番よくわかっているのは、
ほかでもない自分自身です。

人として、この自然のなかで生きていく以上、
これは万人に当てはまる法則です。
もちろん、私が決めた法則ではないですよ。自然の法則です。
「地面に水をかけたら濡れる」というのと同じく、
「こう努力したら、幸せになれる」という法則です。
それを、見つけ、実践し、試行錯誤し、そして幸せになる。


この自然の法則を自分のものにするためにこんな方法もあります。



※アナタの悩みを解決するためのメールマガジンをお届け!
  ↓           ↓            ↓
お名前orハンドルネーム:  様    
メールアドレス:

【執筆者プロフィール】
鈴木雅幸:ハッピーライフ実践会 代表/ 心理カウンセラー
 
若い頃から様々な自己啓発書、心理学、カウンセリング書、ビジネス書、メンタルな書物を
読み続け、2001年11月、しあわせ研究室「こころの森」を立ち上げ、数多くのレポートを
アップし、同時にメール相談も開始し、サイト訪問者から高い評価を得る。
その後、さらに本格的にカウンセリング活動を続け、2004年7月には、ハッピーライフ実践会
を立ち上げ、代表となる。
実践会の会員は、2006年1月現在、1000名を超え、他に例のないインターネット通信講座
やe-bookセミナーを企画・販売している。
現在もカウンセリング通信教育を中心に、精力的な活動を行っている。
1967年生まれ、二児の父親でもある。

http://www.counselinglife.com

   COPYRIGHT (C) 2001-2006 Masayuki Suzuki All Rights Reserved

このレポートは、文章をそのままでという条件を守って頂ければ、自由に配布、転送して頂いて
かまいません。一部分だけのコピー&ペースト、著作権の未表記、及び販売は厳禁です。上記の
サイトURLと、著者のプロフィールも、そのまま掲載してください。それらの条件を守って頂ければ、
掲示板に紹介したり、メールで転送したり、アナタのホームページにアップしたり、自由にリンクを
はって頂いて結構です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 自分を好きになるセミナー  人間関係セミナー  恋愛・夫婦カウンセリング  

 メールカウンセリング  育児・子育て相談    メニュー

 面談カウンセリング   HOME  ブログ


                             


自然の法則には逆らえない