悩み相談 職場の人間関係




職場の人間関係はなぜ必要なのか?

仕事をするときに必然的に生じること。それは職場の人間関係。

職場のいやな上司や、気の合わない同僚、意思疎通が難しい年下の部下。
プライベートなら、“話さない”“会わない”ですみますが、
職場となるとそうはいきません。

あなたが不条理なことを押し付けられ、理不尽な言い分をされていても、
職場では仕事のために我慢をしていることがあるのではないのでしょうか。

決して無理をしてはいけません。ストレスは溜め込むと病になります。

企業も注目している社会問題とは?

昨今では、企業側も職場の人間関係について重い腰を上げつつあります。
職場の人間関係の問題は企業が抱える問題全体のうち80%を占めるという
報告もあります。

これは、ある意味チャンスです。職場の人間関係につまずき、
職場で充分に能力を発揮できない人が多くいるということです。

ですから、職場での人間関係を円滑にすることで、
あなたの仕事の幅を広くし、さまざまな人生の可能性が開けてくることは
言うまでもありません。


良い職場の人間関係の基本とは?

上司と部下、同僚、他の部署同士。
職場には職場の、いろいろな人間関係があります。

こうした職場の人間関係のポイント。
次の2つの要素を考えるといいです。

1)役割・責任

2)人間関係


それぞれ説明します。

1)役割・責任

自分に役職があろうとなかろうと、
それぞれ仕事を持っている以上、職場では役割と責任を担います。

こうした観点から職場で取るコミュニケーション。
業務上の報告・連絡・相談、その他の伝達事項ですね。


2)人間関係

上記の観点とは別に、そこにあなたと他者という
人間関係志向を織り込むこともポイントです。


例え上司であっても、部下に配慮をもって指示をする。
部下を労う、励ます、共感する、部下に感謝する。


この両者を織り込んだ職場のコミュニケーション。
あなたは出来ていますか?


ちょっとした言葉や態度の違いで
職場の人間関係は良否を左右されます。

正論だけでは職場の人間関係は壊れます。
正論だけでは人の心は動きません。


そこに相手を想う理解や配慮が添えられる。
そこにリーダーシップが生まれるわけですね。


職場の中間管理職に一番求められるもの。
それは「対人関係能力」だといわれています。


職場の中での部下と上司の板挟み。
ここをどうやって上手に対応していけるか。
一本調子のコミュニケーションからの脱却がポイントですね。


人間関係の悩みを鈴木に直接相談したいという方は、下記のボタン
カウンセリングの詳細へをクリックしてください。

鈴木の直接相談へ


人間関係の悩み・問題に対する回答をすぐに欲しい方は、下記のボタン
無料心理テストに進むをクリックしてください。


無料心理テストを試す








HOME - ■職場の人間関係■ - ■受講者の声■ - ■相談メニュー一覧■- ■プロフィール■ - ■鈴木の無料相談■