思い込みを思い直す

                              

-不合理な思い込み-


自分がどんな気持ちを無理やり抑えてきたのかを知れば、
自分がこれまでどうして生きるのが辛かったのかがわかりますが、
ではその後
どう考えていけば良いのかということ、つまり「知恵」や「工夫」について少し取り上げてみましょう。

例えば、「思い込み」ということです。一般的に考えられる思い込みをいくつか列挙してみます。

〇物事成功すればするほど、自信がついていくので、失敗したら、
 自信喪失してしまう。
〇自分は人付き合いが苦手なので、社会人としては落伍者だ。
〇私は誰からも好かれたい。何故なら、人に嫌われるような人間は
 ダメ人間だから。
〇物事常に前向きに考えられなければならない。
〇人は私にいつも誠実に暖かく接してくれるべきだ。
〇どんな事があっても、人様に迷惑をかけてはならない。

皆さんの中にも、どれか一つはあてはまるものがあるのではないでしょうか。
しかし、果たしてこうした考え方が絶対に正しいものなのでしょうか。

-心のブロックを解除する-

では、次に同じようなことについて違った文章をあげてみます。

〇物事成功したからといって、自信はつかない。むしろ失敗を受け入
 れるからこそ自信がうまれる。
〇人付き合いが苦手だからといって、社会人として落伍者というわけ
 ではない。人付き合いが苦手でも、立派にやっている人はいくらで
 もいる。
〇私に嫌い(苦手)な人がいるように、相手も自分を嫌う自由がある。
 人に嫌われないようにするよりも、もっと大切なことが世の中いくら
 でもあるものだ。
〇物事前向きに考えられないことだってある。後ろ向きOK。弱音を
 吐くのもOK。愚痴るのもOK。悩んでいる自分もありだ。
〇どんなに気を付けても、人に迷惑をかけてしまうことはある。
 それこそ「お互い様」だ。

どうでしょうか。
こうやってちょっと考え方を変えてみるだけで、随分気持ちが楽になり、
自分自身が変わっていけそうな気がしませんか。
私たちは普段無意識のうちに、さして根拠のない思い込みによって、
自分の心をブロックし、自分の行動をブロックし、自分の人生、自分自身をブロックしていることが
多いものです。

-過去に決別し、未来を創る-

では何故根拠のないこうした思い込みに今まで支配されてきたのでしょうか。
幼い頃に親や周りの大人から刷り込まれたのかも知れません。
また、
自分の過去の経験から、次第にそんな思い込みを自分に植え込んでしまったのかも知れません。
では、この思い込みを思い直すことで、本当に自分自身に変化が現われるのでしょうか。

答えは「イエス」です。
なぜならば、
何かを経験する時に、この思い込みと、思い直した考え方によって、
似たような過去の経験をした時とはあきらかに自分の受
け止め方が違っていることに気付くはずです。
そして、いままで辛いと悩んできたことが、何故かそう大した事ではなさそうに思えてくるのです。
しばらく試してみればわかります。

今までの囚われた見方によって、自分の感情・思考・行動がパターン化されていたのです。
人間の感情と思考と行動というのは、それぞれが密接につながっているのです。
つまり、
そのどれか一つが変わることによって、他の二つも変わってくるようにできているのです。
この場合、思い込みという思考が、自分の感情と行動を決定していたのですから、
その思考(思い込み)を変えることにより、
結果として感情も、そして行動も変わっていくのです。

そうした囚われた見方、思い込みという過去にはっきりと「ノー」という意思表示をして、
自分の未来を今から創っていきましょう。
最後にその他の思い込みを列挙してみます。
あなたなら、これらの思い込みをどう修正できますか?

〇私は上手く物事をやってのけて、人から認められなければ
  ならない。
〇私の人生に大きな困難などあってはならない。
〇物事結果が全てで、結果が出なければ、どんなに努力しても
 意味がない。
〇友達や知り合いは多い方が良い。友達が少ないのは
 惨めなものだ。
〇恋人同士や夫婦は、喧嘩をするものではない。
〇何だかんだいっても、高学歴・高収入のほうが、人生は幸せだ。
〇仕事をテキパキとこなせる有能さが無いと、この世の中は
 生き辛くなる。
〇結婚できない(恋人のいない)自分は、不幸な人間だ。

どうでしょうか。今まで当たり前のように思い込んできたことが、実は
さしたる根拠もなく信じ込んできたことかも知れないのです。

建設的な思考を手に入れ、思い込みから解放されたい方のカウンセリングはこちら





               生きることの意味・人生講座-2




    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 自分を好きになるセミナー  人間関係セミナー  恋愛・夫婦カウンセリング  

 面談カウンセリング   HOME  ブログ