知っているということ→理解しているということ、
                そして→できるということ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

物事、知っているということと、理解しているということとは、似ているようで違います。
例えば、「人の話をよく聞くということは大切だ」ということで考えてみましょう。

人の話をよく聞くということは大切だということについて、「知らない」と答える人は、
おそらくほとんどいないのではないかと思います。

「人の話を聞くって大切なことだよね」と言って、「えっ?そうなの?知らなかったわ」
という人は、おそらくあまりいないでしょう。

では、そのことを知っているけれども、どこまで理解できているかということになると、
できていると答えられる人の数は、グっと限られてくるのではないでしょうか。

さらに、人の話しを聞くということが大切だとわかってはいるし、実際にちゃんとできて
いるという人の数は、もっと限られてくるでしょう。

「わかってはいるのだけれど、それがどうしてもできない」

そう訴える人は少なくありません。
実際、カウンセリングをしていても、そんな風に切実に訴えてこられる方は、とても
多い。本当に多いんです。

では、「理解できている」から「実際にできている」になるまでは、一体どのくらいの
時間が必要なのでしょうか。

「やろうと努力しているのだけれど、それがどうしてもできない」
「いくら頑張ってもできない。無力感を覚える」
「もうどんなに努力しても、自分にはできないのではと思う」

自分なりに努力し、何度もトライしてきたのに思うように行かない時、私たちは思わず
そんな風に言いたくもなります。

では、一体どのくらいの時間が必要なのか?

それは人によって様々であり、一概にこうだとか、安易に目安を申し上げるわけには
いきません。ただ、言えることは、「もう自分はダメなんじゃないか」「いくら努力しても、
自分はできないのではないか」そんな風に思った時こそが、スタートの時なのではな
いかということです。

「もう自分はダメなのではないだろうか・・・」と思ったときこそ、そこから、本当の取り組
みが始まろうとしているのだということです。

人によっては、そのスタートに、短い時間でたどり着ける人もいるでしょうし、何年もか
かる人もいるでしょう。人によって、その時間は様々です。
ですが、そういう時に周りの人間と比べてみても、得るものはあまりないのではと思
います。

更に何年もかかるかもしれない。場合によっては、ある人が既に出来ていることを、
生涯をかけて取り組んでいかなければならないかも知れない。

そんなことは、人生の中では、いくらでもあることなんだと思います。
でも、やはり、地道に根気よく取り組んでいくしか道は無いようです。

先日の研修で、私は一つの壁にぶつかていることを、参加者の前で話しました。
そして、そのことについて、参加された皆さんと、先生とで、ずっと話し合いが続きま
した。後日皆さん、その時の話し合いが、一番疲れたけれども、一番身のある話し合
い(テーマ)だったとも、仰ってくださいました。

その中で、先生が一言、言われた言葉が、今も私の頭の中に残っています。


「まあ、余計なことを考えずに・・・・ひた向きにやればいいさ・・・」


余計なことを考えずに、ひた向きにやればいい・・・
ああ・・・そうか・・・・それしかないんだな・・・・

そう思ったら、急に肩の力が抜けました。

余計なことを考えずに、ひた向きにやればいい。
私は、ついつい余計なことを考えすぎていたのかも知れません。

理解している→実際にできている

その道のりを、改めて歩いていこうと、
私は心に決めて、改めて取り組んでいくことにしました。


その取り組みの集大成がこちらです。


                人間関係悩み解消講座-9


※アナタの悩みを解決するためのメールマガジンをお届け!
  ↓           ↓            ↓
お名前orハンドルネーム:  様    
メールアドレス:

【執筆者プロフィール】
鈴木雅幸:ハッピーライフ実践会 代表/ 心理カウンセラー
 
若い頃から様々な自己啓発書、心理学、カウンセリング書、ビジネス書、メンタルな書物を
読み続け、2001年11月、しあわせ研究室「こころの森」を立ち上げ、数多くのレポートを
アップし、同時にメール相談も開始し、サイト訪問者から高い評価を得る。
その後、さらに本格的にカウンセリング活動を続け、2004年7月には、ハッピーライフ実践会
を立ち上げ、代表となる。
実践会の会員は、2006年1月現在、1000名を超え、他に例のないインターネット通信講座
やe-bookセミナーを企画・販売している。
現在もカウンセリング通信教育を中心に、精力的な活動を行っている。
1967年生まれ、二児の父親でもある。

http://www.counselinglife.com

   COPYRIGHT (C) 2001-2006 Masayuki Suzuki All Rights Reserved

このレポートは、文章をそのままでという条件を守って頂ければ、自由に配布、転送して頂いて
かまいません。一部分だけのコピー&ペースト、著作権の未表記、及び販売は厳禁です。上記の
サイトURLと、著者のプロフィールも、そのまま掲載してください。それらの条件を守って頂ければ、
掲示板に紹介したり、メールで転送したり、アナタのホームページにアップしたり、自由にリンクを
はって頂いて結構です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 自分を好きになるセミナー  人間関係セミナー  恋愛・夫婦カウンセリング  

 メールカウンセリング  育児・子育て相談    メニュー

 面談カウンセリング   HOME  ブログ