人間関係の悩み


なぜ、人と会ったり会話をしたりすることが
苦手(怖い)だと思うのか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近のカウンセリングのテーマ(悩み)として多いものに、
人間関係、特に人と上手く会話ができないというものがあります。

この悩み、特に、20代後半から30代の男女に多いように感じます。
もちろん、40代の方もいらっしゃいますが、
傾向としては、20代後半から30代の方が多いようです。


「初対面の人に、どう話しかけていいのかわからない。」
「どんな風に話題をふればいいのか、ふる話題が見つからない」
「2~3人位ならいいが、それ以上の人数になると、引いてしまう」
「3~4人以上になると、話題についていけなくなる」
「皆が楽しそうにしていると、ものすごく落ち込んでしまう」
「相手が自分を嫌っているのではないかととても気になる」

このような訴えが共通して聞かれます。
こうした悩みの原因の一つには、話の聞き方の問題があります。
会話が苦手な人は、自分が上手に話す方法を知りたがります。

ところが、会話というのは、
本来、「話す」と「聞く」の両方で成り立っています。

そして、何よりも先ず、
人の話をできる限り正確に聞くということなくして、
会話やコミュニケーションというものは、成り立ちません。


人の話を正確に聞く。そしてそれを自分の中で消化し、
心豊かな、配慮のある(気の利いた)言葉を返す。

この連続で、豊かな、楽しい会話や
人間関係が成立するといってもいいでしょう。

ですから、この悩みを解決する一つの方法として、会話の方法、
「聞き方」と「話し方」というもののチェックが必要になります。


しかしながら、これはあくまでも方法論。
ある意味、表面的な話です。

実際この悩みの解決にもっと重要になってくること、
人間関係に大きく影響を与えてくるもの、
それはその人の持つ人間観です。

具体的に言うと、その人が、どれだけ人間というものに対し、
肯定的な観方ができているかということ。

どれだけ「人間信頼」というものが、しっかりとあるのか。
この根本的な部分が、大変重要になってきます。

その人が、人間というものに対し、
基本的な信頼感を持ち合わせているのか。

「人間の本性は信頼できる」という感覚を、
経験的な実感としてどれだけ持っているのか。

そういったものの方が、表面的なハウツー(方法論)よりも、
はるかに重要であり、大きな影響を与えるのではないでしょうか。

こうした悩みを持った人の会話のチェックを厳密に行っていくと、
その人の人間観、人間への基本的信頼感がどういう状態であるのか。

そういったことが、浮き彫りになってくるとも言えるわけです。

先ずは、アナタの中に、基本的に人間は信頼できるのだという感覚が、
どこまで「実感として」心の中に浸透しているのか。

ここが、一つの重要なチェック項目になるといえるでしょう。

ところが、人間関係やコミュニケーションの悩みを抱く人の中には、
なぜかすぐに「自分は話が上手くできないから会話が下手で、
人付き合いも苦手になる。

それで、人間関係も上手くいかないんだ」
という結論に至る人がいます。

そして悩みを解決したいあまりに、一生懸命話し方教室に通ったり、
話し方や他人の説得の方法を説いた本を買って読んでみたりします。

人間関係の悩みやコミュニケーションの悩みを解決するには、
そのような表面的な方法論やテクニックだけけでは足りません。

会話一つとっても、そこには「話す」ということだけでなく、
相手の話を正確に「聞く」という行為とその聞いた話を自分なりに消化し、
心豊かな言葉にして返すという作業が淀みなく織り成されることで、
豊かな会話、豊かな人間関係が生まれるのです。

そしてそのためには、自分自身が目の前にいる相手を、
人間というものをどのように(肯定的?否定的?)
見ているのかということまで含めて、
統合された人間として存在することが求められます。

そして、そのためには、それらを全体的に、
しかも厳密にチェックしていく必要があります。

こうした人間関係の悩みについてのご相談をお受けしています。


人間関係の悩みを鈴木に直接相談したいという方は、下記をクリックして詳細をご覧ください。

鈴木の直接相談へ

人間関係の悩み・問題に対する回答をすぐに欲しい方は、下記のボタン
無料心理テストに進むをクリックしてください。


無料心理テストを試す

















HOME - ■職場の人間関係■ - ■受講者の声■ - ■相談メニュー一覧■- ■プロフィール■ - ■鈴木の無料相談■