母が娘に嫉妬する

 人間関係 無料心理テストはこちら



 娘の幸せを喜べない母親の嫉妬の心理


-母の嫉妬-


今回は、母と娘という親子関係を「娘」の立場に立って、一緒に考えてみましょう。

娘の幸せというのは、例えば仕事で活躍することだったり、「良い男性」と結ばれ、良い家族に恵まれることであったりします。

あるいは、良い男性(彼)と一緒にいることです。

本来なら母親としては、手放しで喜ぶべきことであり、祝福を惜しまないことであるはずです。

ところが、これがどうしてもできない母親がいます。

例えば、自分が夫(娘の父)から愛されていない人です。

そんな人は、夫が娘を可愛がるのが、許せなくなります。

「私には見向きもしないで、娘は可愛がるのね」と思い、嫉妬します。

お父さんが大好きだけど、お母さんの前でお父さんにベタベタ甘えることができないなあと思っている人がいたら、このケースに該当する可能性があります。

また、母親自身が、両親から女性としての心を尊重してもらえなかった場合、もしくは自分の母親に対して不満や怒りの感情を抱えている場合、そういうお母さんは自分の女性という性を受け入れられなくなっ
ています。

そうなると、お母さんは娘がある年齢(例えば思春期)を迎え、「娘」から「女性」へと成長しようとする時、その成長を悦べません。

娘がちょっと女らしい格好をしてみせると、そういう母親は娘を激しく嫌悪し、「そんな格好はやめなさい」「いやらしい格好ね」などと叱り付けて、やめさせようとすることもあります。

娘が女性になることを阻止するんですね。

そのため、中には自分から女性になることを遠慮する人もいます。

それはつまりは、女性としての幸せを追及できないことを意味します。

-不機嫌さで娘を威圧-

また、娘が何かとても嬉しいことがあり、母親にその気持ちを表現しようとする時です。

喜んでくれると思ったのに、お母さんはどこか不機嫌です。

「何故?お母さんは私が幸せになることが、気に入らないの?」

母親の不機嫌さに、娘は警戒感を高め、自分の喜び(の感情)を母親の前で表現するのをやめます。

中には、母に気兼ねして自分の幸せを放棄する人も出てきます。

「私は幸せになりたい。でも私が幸せになると、お母さんは喜んでくれない。だったら、自分はちょっと不幸なくらいの方が、お母さんは私を愛してくれるみたいだ。」

そんな会話を心の底で交わし、娘はちょっと不幸な人生を選択します。

娘の幸せを母親は喜ばないけれども、娘がうんと不幸になることも良しとしない。

娘はその事を察知し、自分が少しだけ不幸になることで、自分の幸せよりも母親からの愛を選択します。

子供というのはこれほどまでしても、親から愛されたいものなのです。

なぜなら、特に小さいうちは、自分一人の力では生きていけず、親や大人の保護が必要だからです。

そして、母親の不機嫌というのは、傍から見てわかりません。

娘が大人になり、そのことを父親やだれかに訴えても、「何のことだ?」「お母さんが・・・そんなはずないだろう」と言って、取り合ってもらえないことも珍しくありません。

さらに、躾と称して娘に必要以上に辛く当たったりもします。

これもなかなか巧妙なやりかたですが、いずれの場合も、当の母親は全く無意識にやっていることです。

中にはこれは愛だと思い込んでいたりしますから、ある意味とても厄介なのです。

-幸せ破壊工作-
 

また、娘に恋人ができた時、「悪い虫がつかないように」とか、「あんたに何かあったらいけないと心配なの」などと言って、その恋人との関係には否定的です。

しかし、失恋をしたときは、母親は傷付いた娘をいたわり、「男なんていうのはろくなもんじゃないのよ。」とか、「恋愛や結婚なんて傷付くだけ」などと洗脳します。

娘がうんと不幸になると、同情を示しますが、娘が本当の幸せを掴み
かけると、面白くないようです。

これも、困ったことに全部無意識に行なっていることです。

そういうことを重ねていくと、娘はいつしか自分を幸せに導いてくれる
男性探しの、センサーが狂ってきます。

そして、本当は自分を幸せにはできないはずの男性を選び、結婚して
しまいます。

「お母さん、これでいいでしょ」と言わんばかりの結婚ですが、もちろんこのことも娘は無意識にしていることです。

そして、とうぜんその結婚生活もほどなくギクシャクしてきます。

そうして、娘に子供が生まれます。

しかし、こんな結婚で結ばれた二人(夫婦)の間には、本物の愛がありませんから、子育てという仕事に耐えられなくなります。

その時、娘はハッとします。「お母さん、お母さんは私のことを、本当に愛してくれてたの?」「我が子を愛せない。夫を愛せない。幸せになるのが怖い。どうして?」

-摂食障害を生むケース-

さらに、母の愛が足りない場合に深刻な場合が、摂食障害です。

人間が生まれて一番最初に受ける愛が、母乳を口から摂取することです。

人間の愛の原点です。従って、愛情飢餓に陥ると、口から何かをという風に、脳が判断します。

過食嘔吐の場合、食べ物が愛情だと脳が勘違いをしているのです。

ですから、食べても食べても満たされません。

そして、愛情の薄い上記のような母親の母乳というのは、愛情が一緒に入ってこないため、母乳イコール不快なものというふうに記憶されています。

従って、食べてお腹の中に入った瞬間、嫌悪感を感じて吐いてしまうのかも知れません。

拒食の場合、母親(自分の母親の愛)に対する嫌悪感が強いと思われます。

そのため、食べ物(自分の母の愛)を拒絶するわけです。

そのうえ、自分の体が痩せ細っていくことで、母親に抗議をしているかのようですし、そうやって面倒を見て母親を振り回そうという心理が、潜在意識で働いているかのようです。

「私のこの身体を見て。」という無言の抗議行動です。

拒食の人間が、ある段階、つまり自分の身体が元に戻りかけてくると、治療を拒否したり、治ることに抵抗を示すことがありますが、それは母に対する抗議行動をまだ継続したいという無意識の思惑が働いているの
かも知れません。




鈴木は個別カウンセリングで親子関係に起因すると思われる人間関係の悩み相談を実施しています

人間関係の悩み・ストレスを徹底排除し、余計なストレス・悩みを完全解消しましょう。


人間関係の悩みを鈴木に直接相談したいという方は、下記のボタン
カウンセリングの詳細へをクリックしてください。

鈴木の直接相談へ

人間関係の悩み・問題に対する回答をすぐに欲しい方は、下記のボタン
無料心理テストに進むをクリックしてください。


無料心理テストを試す












 

心理カウンセラー鈴木
 ↓
心に響くメルマガ
Email:
人間関係悩み解決の新たな知恵を得て、ストレスを徹底解消メルマガに今すぐ登録を!


麹町のカウンセリングルーム
●個別カウンセリング詳細




メニュー




新着情報




自信養成法


概要

■ハッピーライフ実践会

電話:080-6555-4735
(予約・お問い合わせ専用)

代表 鈴木雅幸




HOME - ■職場の人間関係■ - ■受講者の声■ - ■相談メニュー一覧■- ■プロフィール■ - ■鈴木の無料相談■
不登校対策サイト