<私がインテーク面接を行わない理由>
          初回の面接について

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         <面談カウンセリングをお受けになる方は、必ずお読みください

カウンセリングの初回の面談について、補足をしておきます。

カウンセリングの初回から、お話をじっくりと聞く姿勢で始めます。
というよりも、
60分という時間のほとんどを、クライエントの方のお話に、ただた
だ耳を傾けるということに使います。なぜかというと、クライエントのことも、その
クライエントが抱えている問題のことも、まだ、何もわからないから
です。

初回の面談では、先ずはじめに、相談依頼書という書類に、必要な情報を書き込んで
頂き、必要に応じてその依頼書の記入内容についてこちらから質問をさせて頂くこと
もあります。そしてまた、面接を録音して差し支えないかとうかの許可を頂きます。

(これは、カウンセラー自身の振り返りと、今後の見通しを含めた助言を仰ぐためにスーパーバイザーに
 聴かせることが目的です。免責事項の場合を除き、不特定の第三者に聞かせることは一切ございません。
 また、クライエント様の許可が得られない場合は、録音も一切致しませんので、どうぞご安心ください。)


一般に初回はは、インテーク面接といって、カウンセラーがいろいろな情報を得ようと
質問をしていく形を取ることが多いのですが、私はそうしたインテーク面接を行いませ
ん。なぜならば、こちらから質問をしていくことによって、クライエントの訴えたいこと、
問題にしたいこと、話したいことがかき消されてしまうからです。

ですので私は、カウンセリングの初回から、なるべくクライエントが話したいことを自由
に話しやすいような雰囲気作りを心がけています。

そこで、初回から具体的なアドバイスや解決策を聞こうというつもりで来談された方は、
ある意味物足りないと感じたり、拍子抜けしてしまったりすることもあるようです。
「なんだ、カウンセリングというのは話を聞くことを大切にするというけど、本当に話し
を聞くだけなんだな・・・・」と、ガッカリされる方もいらっしゃるでしょう。

ところが、心理的な問題というのは、簡単に原因とか、解決法とか、そういったものを
解き明かしたりアドバイスできるケースがほとんどないと言っていいでしょう。
むしろ
すぐに思いつく原因や解決策らしきものは、本当の原因でも解決策でも
ないということが、時間がたってからわかるケースが圧倒的に多い
といえるのです。

事実、私もカウンセリングをしてきて、
そんな簡単に原因や解決策がわかたっとか、
あるいはすぐに思いつくような原因や解決策を伝えて、良い結果に結びついたと
いうようなケースは、全く無いとはいいませんが、ほとんどありません。


ですので、私としても、初回によく話し合って、できるだけ面接の方向性を明確にする
ことに努めています。(これが実は、とても大事であり、とても難しいことなのですが)

そして、ある意味、これが初回の面接の問題点、大きな山でもあるわけです。

どういうことかというと、「どうしたらいいのか?」という問いや、「こうすればいいです
よ」とか、「こういうことだと思いますよ」という因果関係の解説、アドバイスを期待
してきたクライエントの方は、このような理由からカウンセラーがアドバイスや「説明
などを一切せず、ひたすら聞く姿勢でいる。

しかも、
善悪の判断や、誰が悪いのかということについてもふれない。そんな対
応をみて、自分が期待している答えをもらおうと思っていたクライエントの方にしてみ
ればイメージしていたものとはかなり違った・・・という気持ちになるでしょう。

初回の面接に、直接的なアドバイスを期待してきたクライエントの方にしてみれば、
どうしても「物足りなさ」を感じてしまうかも知れません。
(そこが、医師の診察や人生相談、行政が無料で行っている相談と、カウンセリング
の大きな大きな違いです)

こちらとしても、クライエントのお話をじっくりと聞いてからでないと、無責任なアドバイ
スや突っ込んだやり取りは、正直やりようがありませんし、実際、表面的な話しにすぐに
飛びついてアドバイスをして失敗に終わるカウンセラーも多いわけです。

ですが、来談された方にしてみれば、一刻も早く自分の抱えている問題を解決したい
し、楽になりたい。従って、その方法を少しでも早く教えて欲しいというお気持ちでいら
っしゃるわけです。


カウンセリングは、最初は物足りなさを感じます。これは、否めません。
しかし、回を重ねる毎に、カウンセリングは深まっていきます。
最初に感じた物足りなさも、実は、大きな意味があったのだということにも、
何度か面接を経験してきて、ハッと気が付いたりするものです。

このあたりのことは、口で(文章で)説明しても、上手く伝わるものでもなく、実際に
経験して実感として理解できていくことであるので、難しいところです。

「継続は力なり」という言葉は、カウンセリングにもしっかりと当てはまるようです。
以上を踏まえた上で、カウンセリングお申し込みの際は、中・長期での視野をもって
お申し込み、あるいはご相談ください。

追記:
初めてカウンセリングに来られた方の中には、面接初回から、カウンセラーから何か
明快なアドバイスや答えをもらおうという期待をもって来られる方が少なくありません。

ですが、60分という時間(1回だけの面接)では、その方が長年抱えてきた悩みに
対して、正直、明快な回答やアドバイスをすることはできません。
たとえ、アドバイスをしたところで、その場はスッキリとするかも知れませんが、
しばらくすると、何も変わっていない自分にガッカリするのではないかと思い
ます。


カウンセリングは、基本的には、回を重ねていくことで、クライエントの気づけていない
感情に、クライエント自らが気づいていくプロセスでもあります。

そのプロセスを経るには、やはりある程度の時間が必要な時もあります。
初回の面談の期待が、過度に大きければ大きいほど、実際のカウンセリングと
のギャップにガッカリしてしまう
と思います。

カウンセリングは人間関係です。

人間関係に悩む人は、結論を急ぎますが、結論を急ぐという姿勢そのものが、
人間関係に悩む要因の一つになっていることも、少なくありません。


カウンセリングも、人間関係も、回を重ねることで浮かび上がってくるものを大切に
できれば、一歩も二歩も前進していけるのではないかと思います。


                ネット予約(24時間対応)はこちら

               
電話予約(9時〜20時)はこちら 




※アナタの悩みを解決するためのメールマガジンをお届け!
  ↓           ↓            ↓

お名前orハンドルネーム:  様    
メールアドレス:

【執筆者プロフィール】
鈴木雅幸:ハッピーライフ実践会 代表/ 心理カウンセラー / 通信教育講座講師
 
若い頃から様々な自己啓発書、心理学、カウンセリング書、ビジネス書、メンタルな書物を
読み続け、2001年11月、しあわせ研究室「こころの森」を立ち上げ、数多くのレポートを
アップし、同時にメール相談も開始し、サイト訪問者から高い評価を得る。
その後、さらに本格的にカウンセリング活動を続け、2004年7月には、ハッピーライフ実践会
を立ち上げ、代表となる。
実践会の会員は、2005年3月現在、680名を超え、他に例のないインターネット通信講座
やe-bookセミナーを企画・販売している。
現在もカウンセリング通信教育を中心に、精力的な活動を行っている。
1967年生まれ、二児の父親でもある。

http://www.counselinglife.com

   COPYRIGHT (C) 2001-2005 Masayuki Suzuki All Rights Reserved

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 面談カウンセリング  人間関係セミナー  恋愛・夫婦カウンセリング  

 自分らしく生きるための通信講座  
メールカウンセリング   メニュー 
 
                     HOME