面談カウンセリングと
       メールカウンセリングってどう違うの?

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は常々、カウンセリングに携わってきて、
いつも思っていることがあります。
それは、

「メールカウンセリングに、流派ってあるのかな?」

ということです。

面談のカウンセリングでは、ロジャースやフロイト、ユング、エリスがそれぞれ、来談者中心
療法、精神分析、分析心理学、論理療法を創始しました。

ところが、メールカウンセリングはというと、まだまだ歴史も浅く、裏づけの取れるような研究
も、ほとんどなされていません。

いわば、カウンセラーがそれぞれ手探りでやっているというのが、正直なところだと思います。


そこで、私は、メールカウンセリングについて、今日は少しだけ、考察を加えてみたいと
思います。

メールカウンセリングは、いずれかの療法に敢えて分類するとすれば、論理療法、認知療法、
森田療法の色合いが強いのではないかと思います。

こういう分類は、はっきりいって無理がありますが、読んで下さっている方にイメージしてもら
いやすいかなと思って、このように分類してみました。


面談では、受容や共感的理解、傾聴といった基本的なことを中心に据え、カウンセリングを
進めていきます。

しかし、メールカウンセリングでは、この基本的な受容、共感的理解、傾聴が、実践しづらい
のです。なぜならば、これらの基本的な要素は、あくまでもカウンセラーの態度からクライア
ントが感じ取るものだからです。

メールでは、書かれた言葉(文章)によるやり取りによってのみ、お互いの意志や思いを伝え
合います。

ところが、コミュニケーションというものは、本来、人と人が実際に接触すること(会うこと)に
よって、初めて成り立つものだと思います。

ですので、面談カウンセリングでは、カウンセラーが自分の声の調子や表情、視線、姿勢、
あるいはその場の雰囲気作りなど、そうした言葉や字面だけでは到底伝えきれない様々な
シグナルや手段によって、クライアントを受容し、安心させようとします。


しかしながら、メールカウンセリングでは、残念ながら、そうした対応ができません。
ですから、あくまでも言葉や文章によってできることを、やっていくわけです。

そうなると、大変大雑把な分け方ではありますが、敢えて分けるとするならば、論理療法、
認知療法、森田療法に近いのではないかと思います。

近いというか、それらのほんの一部が、メールカウンセリングではできるかも知れないと
いうことです。


ただ、文章というものは、一般に考えられているよりも、はるかに多くのシグナルやメッセ
ージを伝えることも事実です。文章というのは、正直、書き手の人柄、その時の心理状態、
感情が、意外と伝わってきやすいものなんです。

特に、私のように、メールカウンセリング以外でも、仕事で数多くの人のメールにふれている
ような人間だと、その文章を読んだだけでも、書き手のことがかなり見えるようになってき
ます。

文章やメッセージから、その書き手の様々なものが、パッと見極められるようになってきます。

ちょっと自分でも怖いくらいです。

ですから逆に、自分の文章に満足できなくて、文章が書けなくなってしまうこともあります。
そういう時って、辛いです。(^^;


話を元に戻しますが、メールカウンセリングは文章によるカウンセリングです。

ですから、面談よりもメールカウンセリングの方がやりやすい人というのも、いるのだと思い
ます。

ですが、カウンセリングというのは、あくまでも面談が本流です。

メールカウンセリングは、面談の補助的なものであるという専門家もいますし、私もうな
ずける部分はあります。

そういう意味では、面談カウンセリングメールカウンセリングを上手に併用するという
のが、これからのカウンセリングの新しい活用方法かも知れません。

                ネット予約(24時間対応)はこちら

               
電話予約(9時〜20時)はこちら 

               FAX予約(24時間対応)はこちら


                  メールカウンセリングのお申し込みはこちら

※アナタの悩みを解決するためのメールマガジンをお届け!
  ↓           ↓            ↓
お名前orハンドルネーム:  様    
メールアドレス:

【執筆者プロフィール】
鈴木雅幸:ハッピーライフ実践会 代表/ 心理カウンセラー / 通信教育講座講師
 
若い頃から様々な自己啓発書、心理学、カウンセリング書、ビジネス書、メンタルな書物を
読み続け、2001年11月、しあわせ研究室「こころの森」を立ち上げ、数多くのレポートを
アップし、同時にメール相談も開始し、サイト訪問者から高い評価を得る。
その後、さらに本格的にカウンセリング活動を続け、2004年7月には、ハッピーライフ実践会
を立ち上げ、代表となる。
実践会の会員は、2005年9月現在、1000名を超え、他に例のないインターネット通信講座
やe-bookセミナーを企画・販売している。
現在もカウンセリング通信教育を中心に、精力的な活動を行っている。
1967年生まれ、二児の父親でもある。

http://www.counselinglife.com

   COPYRIGHT (C) 2001-2005 Masayuki Suzuki All Rights Reserved

このレポートは、文章をそのままでという条件を守って頂ければ、自由に配布、転送して頂いて
かまいません。一部分だけのコピー&ペースト、著作権の未表記、及び販売は厳禁です。上記の
サイトURLと、著者のプロフィールも、そのまま掲載してください。それらの条件を守って頂ければ、
掲示板に紹介したり、メールで転送したり、アナタのホームページにアップしたり、自由にリンクを
はって頂いて結構です。


     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  自分を好きになるセミナー  人間関係セミナー  恋愛・夫婦カウンセリング  

  メールカウンセリング  育児・子育て相談    メニュー

  面談カウンセリング   HOME