共感的理解



    共感的理解とはなにか?

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

共感的理解とは、相手の言いたがっていること、
わかってほしがっていること、訴えたがっていることを、
言いたがっているまま、わかって欲しがっているまま、
訴えたがっているままに理解することである』


これは私の師である吉田哲先生の教えです。


カウンセリングをしていると、過去に精神科や心療内科、
さらにはいくつかのカウンセリングルームに行ったり
通ったりしたという方がいらっしゃいます。

いろいろないきさつや事情もあったのでしょうけれど、
そんな方のお話しをお聴きして思うのは、
その方が最終的には医師やカウンセラーから
共感的理解が得られなかったのではないかということです。


先の師の言葉によれば、共感的理解とは、
相手の言いたがっていることをいいたがっているままに聞く、
そして理解し、その理解したことを相手に伝えること、
伝わることだということになります。


ところが、彼らの話によると、最終的には
医師やカウンセラーからもらった言葉は、

「そんな考えではダメですよ。
もっとこうしなければ」という説明であったり、
「それでは困りますよ。もっとこうしてもらわなければ」

という説得であったり。

また、

「だから行き詰るのですよ。もっとこうしてみたらいかがですか」

という指示・助言であったり、

「結局それはあなたが考えすぎたり甘いからですよ。
気の持ちようなんだからもっと頑張ってください」

という励まし・激励であったりしているようです。


これは何かというと、対人援助やカウンセリングの最も基本とされる
共感的理解ではなく、説明・説得・助言・指示激励ということになり、
援助を求める人間には、それは一言でいうと
「自分を否定されるメッセージ」として伝わってしまう対応です。


そしてこうした対応というのは元々臨床の現場では
最も戒められるべき対応であるはずです。


ところが、臨床の現場で医師やカウンセラーは、
この最も戒めねばならない説明や説得、助言・指示、激励という対応を、
ある意味、最も重要な場面において行ってしまっているようです。


そしてもしかしたらそういう現実が、臨床の現場では
かなりの数で存在しているのではないかという気がしてくるのです。


もしそうであるとしたら、多くの患者やクライエントが納得が出来ず、
病院やカウンセリングルームを移すのも已むを得ないと思えますし、
非常に残念な現実でもあると思わずにはいられません。


『共感的理解とは、相手の言いたがっていること、
わかってほしがっていること、訴えたがっていることを、
言いたがっているまま、わかって欲しがっているまま、
訴えたがっているままに理解することである』


私はカウンセラーとして、この師の教えを現場でとにかく忠実に、
しかも丁寧に行うことを心がけています。


なぜならば、こうした共感的理解を最も重視した姿勢でなければ、
対人援助そのものが成り立たないと思うからです。


共感的理解とはなにか。


このテーマを、私は心理の臨床家として
生涯大切にしていきたいと思っています。


真の「共感的理解」を実践できる学習をしたい方

オウム返しから脱却した生きた応答技法を学びたい方

下記をクリックしてください。
↓   ↓   ↓   ↓






HOME - ■職場の人間関係■ - ■受講者の声■ - ■相談メニュー一覧■- ■プロフィール■ - ■鈴木の無料相談■