〜コトバの森 A〜
トップページへ戻る
☆自分しか信じられないという人は、結局自分のことも信じられない
  のです。人は信じられないけど、自分は信じられるということは、
   あり得ないのです。

 ☆人に誇れる生き方をしているかよりも、自分自身に誇れる生き方を
   しているかのほうが大事です。

   ☆自分の不自然さとは、徹底的に向き合ってみよう。
     人にウソをつくよりも、自分にウソをつくほうが苦しいはず。
前の森へ


〜以下、随時掲載予定〜
☆理想の自分と本当の自分を一致させるためには、理想の自分と
  本当の自分が一致している人と接するのが非常に有効な方法です。
   悩みや苦しみ多い人は、葛藤の無いクリアーな人と触れ合う機会が
    とても重要なのです。

  ☆人間関係というのは、結局のところ、人間関係の中でしか学べません。

   ☆人の好き嫌いが激しい人ほど、自己嫌悪が強い人です。
      人は、自分を受け入れている量しか、人や物事を受け入れられない
        からです。つまり、自己受容の量=他者受容の量  となります。
☆子どもの要求に出来る限り応えていると、外見上は子供に
  振り回されているように見えますが、親の心の中に子育ての悦びが
   あれば、子供は我がままには育ちません。その悦びが自分への最大の
    ”愛”であることを、子供は知っているからです。

  ☆自分の中の葛藤が解決されれば、葛藤に費やされたエネルギーを、
    今度は「自己実現」に費やし、これまで以上の能力を発揮できるよう
     になります。

   ☆愛・勇気・知恵・創意工夫、物の見方・考え方。
     足りないものは持っている人からもらう。 
      良いものは誰からでも取り入れる。それが、一期一会だと思います。
☆自分自身と向き合う時大切なのは、醜い感情を自分の中から追い出す
  ことではなく、そうした感情と共に生きていく勇気です。その勇気が葛藤
   を解決し、人を愛する原動力となるのです。恐れ・孤独・怒り・不安。
    それらは、排除しようとすればするほど、心の中で大きくなります。
     それらが現実に存在するものなのか、見極めてみましょう。
次の森へ