決断する、決める、決まるということ


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何か人生の中において、大きな決断を迫られる時が、誰にでもあると思います。

例えば、進路の決定、転職、転校、結婚、離婚、自分の行動について、
一大決心をしなければならない時があります。

そんな時、私たちは一体どうやって、大事な決断をしていくものなのでしょうか。
それが自分自身の行動であっても、他人と共にする行動であっても、基本的に
は自分自身で決めるという意思決定が伴っていなかったら、後で後悔する確率
は高くなるかも知れません。

自分の意見を持ち、自分の中で徹底的に考え、いろいろな葛藤を経験していき
ながらも、最終的には自分が決めたことだという、そういうプロセスを経ることが
重要なのだと思います。

また、時間がないと焦るばかりに、充分に自分の中で吟味できないまま、心の中
で納得できるだけの作業もできないまま、「決まった」というよりも「決めてしまった」
という場合。

これは、後々失敗する可能性が少なからず残ります。

そう、「決めてしまった」というよりも、「決めた」という方がまだ良いのですが、
もっと確かなのは「決まった」となることでしょう。

自分の中で、いくつかある選択肢、その一つ一つを充分に比較検討したり、吟味
したりしていく中で、一つ、また一つと選択肢が消えていって、自ずと一つの選択
肢が残る。

最終的に、その選択肢に行き着いたというか、定まっていったというか、そういった
決まり方が、私はベストなのではないかなと思っています。

つまり、「決めてしまった」でもなく、「決めた」でもない。
まさに、自然と、自ずとこの選択肢に「決まった」という感じ。

こうして決まったことに基づいて行動を起こせば、先ず間違ったことにはならないの
ではないかと思います。

仮に結果が思うようにいかなかったとしても、それが「決まった」という内的経験を
経てきたものならば、その時はまた、同じように複数ある可能性を充分に吟味し、
冷静にふるいにかけ、残った道を新たに歩んでいけるのではないか。

私はそう思います。

もちろん、決まったとはいいつつも、これしかないという選択肢に絞られ、動き出そう
としていく中にあっても、その後に対する不安とか葛藤が完全に消えないこともあり
ます。

そんな時は、その不安や葛藤をもみ消すこともなく、否定的に感じることもありません。
その不安や葛藤とじっくりと向き合っていく。そうやって腹を据えていくしかありません。

そういう状態というのは、ある意味、本当の意味で「決まった」という所にまでは、まだ
なり切っていないわけですが、いずれその不安や葛藤が、アナタをさらに確かなものへと
導いてくれるはずです。

人は本来、そうした意思決定能力を誰でも持っています。

うつ病や精神的な病を患っているのでなければ、精神的に健康な人であれば、「決めて
しまう」「決める」ではなく、「決まる」まで徹底的に吟味することができるはずなのです。

悩むとか迷うというのは、何とも苦しかったり心許なかったりするものです。

ですが、悩むのであれば、本気で悩んだ方がいいと思いますし、迷うのであれば、これは
もう徹底的に迷って頂きたいと思います。真剣に悩み、真剣に迷い、真剣に葛藤し、そう
いうプロセスがまさに、充分に吟味していくということへ、やがてはつながっていくというこ
ともあります。

ですから、そんな内的プロセスを真剣に行っているあなたを、弱いとか優柔不断だと決め
付ける人の言葉には、耳を貸さないことです。
それに、本気で自分が迷えたり、悩めたりできているという自覚がある場合、周りの心無
い発言には、あまり振り回されないものです。

そしてまた、人間は、這い上がれると思えなければ、徹底的に落ち込んだりすることもで
きない。這い上がれる、立ち直れる準備ができているからこそ人間は、とことん落ち込ん
だり、悲しんだりするのだと思います。

私たちは本来、毎日何かを決めながら生きています。

朝起きようかどうしようか。
学校や会社に行こうかどうしようか。
誰かと会おうかどうしようか。
仕事や家事の段取りはどうしようか。
何をいつ、どこまでやろうか。
目の前にいる相手に、何をどう伝えようか。

生きるということは、まさに、選択するということの連続です。

決断するということ。

それは、まさに私たちが生きているということなのでしょう。

決断力を磨く方法はこちら

               生きることの意味・人生講座-4


※アナタの悩みを解決するためのメールマガジンをお届け!
  ↓           ↓            ↓

お名前orハンドルネーム:  様    
メールアドレス:

【執筆者プロフィール】
鈴木雅幸:ハッピーライフ実践会 代表/ 心理カウンセラー
 
若い頃から様々な自己啓発書、心理学、カウンセリング書、ビジネス書、メンタルな書物を
読み続け、2001年11月、しあわせ研究室「こころの森」を立ち上げ、数多くのレポートを
アップし、同時にメール相談も開始し、サイト訪問者から高い評価を得る。
その後、さらに本格的にカウンセリング活動を続け、2004年7月には、ハッピーライフ実践会
を立ち上げ、代表となる。
実践会の会員は、2006年1月現在、1000名を超え、他に例のないインターネット通信講座
やe-bookセミナーを企画・販売している。
現在もカウンセリング通信教育を中心に、精力的な活動を行っている。
1967年生まれ、二児の父親でもある。

http://www.counselinglife.com

   COPYRIGHT (C) 2001-2006 Masayuki Suzuki All Rights Reserved

このレポートは、文章をそのままでという条件を守って頂ければ、自由に配布、転送して頂いて
かまいません。一部分だけのコピー&ペースト、著作権の未表記、及び販売は厳禁です。上記の
サイトURLと、著者のプロフィールも、そのまま掲載してください。それらの条件を守って頂ければ、
掲示板に紹介したり、メールで転送したり、アナタのホームページにアップしたり、自由にリンクを
はって頂いて結構です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 自分を好きになるセミナー  人間関係セミナー  恋愛・夫婦カウンセリング  

 メールカウンセリング  育児・子育て相談    メニュー

 面談カウンセリング   HOME  ブログ