カウンセリングで話を聞く

 人間関係 無料心理テストはこちら



話の聞き方、一般の人とカウンセラーとの違いとは?

-人の悩みを聴くということは、どういうことか-

本当にその人のためになるような悩みの聞き方とはどんなものなのでしょうか?

アナタも、これまでの人生の中で、他人の悩みに真剣に相談に乗ったという経験が、少なからずあると思います。

世の中には、話し方教室や話し方のコツを伝える書籍はたくさんあります。
ですが、話の聞き方教室というのは、一般にはあまり聞きなれませんし、
話の聞き方についての書籍も、最近でこそ少しずつ見かけるようにはなってきましたが、まだまだ「話し方~」「○○ための話し方」に比べると、非常に少ないといえるでしょう。

ところが、人との会話やコミュニケーションというのは、話すということと聞くということの二つで成り立っています。

人の悩みを聴くといっても、どんな聞き方をするのか、また、どこまで聞けばよいのか。

実はこれは相当に難しい、かなりの訓練と技量を求められることなのです。

聴くと話すの割合とか、相槌の打ち方とか、表情、姿勢、視線のやり場。

また、話を聞いている時の頭の働かせ方、心の働かせ方、神経の働かせ方。

それだけでは片づけられないテーマです。


-実は、悩みを聴くということは、大変なことだった-

勇気を持って、親や親友に悩みを、自分の苦しい思いを打ち明けてみたが、返ってきたのは、聞きたくもないアドバイスや指摘で、場合によっては、悩む自分が悪いんだと言わんばかりの言葉であった。

また、ずっと相談に乗ってもらってきた親友だったのに、ある時、「あなたの悩みを聞くのは、今までとても負担だった、うんざりだ」と受け取れるようなことを言われたり、そのような態度を取られた。

では、一体どうしてこんなことが起きるのでしょうか?

それは、やはり、人の悩みを本気で聴くということは、実は、とても大変な事なのだということを、表しているのだと思います。

人の悩みをずっと聴いているということは、これは、ただ単に、話を聞いているということではありません。

人の悩みをずっと聴いているということは、その人の苦しみ、傷ついた心が、聴いている人間の心に、様々な刺激と共に移入されてくるということです。

つまり、聴いている人も、その場で、話している人の苦しみを徐々に味わうことになっていく感じになるといってもいいと思います。

その人の苦しみ、悩みをじっと聴いていることで、聴いている人もだんだん苦しくなり、そのうち怖くなってくるのです。

そんな時、我々はどうするのかというと、その話し(相手が悩みを話すこと)を、とりあえず終わりにしようとするのです。

相手の話を終わらせるのに最も手っ取り早いのが、アドバイスやお説教、原因探しや犯人探しをして、その話しに結論を出すことです。

話しに結論を出すことによって、無意識のうちにその話を終わらせようとするのです。

「まあ、いろいろ大変だよねえ」
「あまり深く考えることないよ」
「それは、アナタにも原因があるんじゃない」
「そんなことだと、これから先、世の中生きていけないよ」
「それは皆一緒だと思うよ。世間では、皆我慢しているし、当たり前なんだよ」
「ああ、私も似たような経験をしたわよ。だからよくわかるわ」

このような形で結論を出してしまえば、話というのは終わるわけです。

つまり、相手は(あなたは)これ以上話せなくなるというわけです。

ずっと悩みを聞いてくれていると思っていた人が突然に態度を変えてしまうのは、そういう心のプロセスが起きているからです。

ずっと悩みを受け止めていると、受け止めている人間自身が、ガタガタと崩れそうになってくるのです。

そこで、何らかの結論を出すことによって、それを防ごうとするわけです。

これは、無意識の防御ですね。

では、本当の意味で、徹底して人の悩みを聴くというのは、どういうことなのでしょうか?

どうやったら、人の悩みを本当の意味で聴けるようになるのでしょうか?


-話を聞く普通の人と、話を聴けるプロ(カウンセラー)との違い-

カウンセリングとは、そもそも何のためにあるのかといいますと、それは、まさにこの「悩みを聴く」ためにあるわけです。

人の悩みを聴くというのは、結局は、話す人にとっても、そして聴く人にとっても、自分自身を掘り下げる作業になってくるのです。

本当に相手の悩みを聴くというのは、自分も一緒になってズタボロになる覚悟が必要です。

一緒になって、のたうちまわることに他ならないのです。

一緒になって傷つき、一緒になって苦しみ、そして、一緒になって考えて、一緒に歩いていくことに他ならないのです。

カウンセラーは、従って、クライエントの怒りを買う役であり、クライエントの悲しみや、どうしようもない苦しみ、思いをぶつけられる役であり、クライエントがそれまで抱えてきた、経験してきた苦しみを一緒になって味わうのが仕事なのです。


カウンセリングの技法というのは、カウンセラーが如何にクライアントの苦しみを一緒に苦しめるか。

クライエントの言いたいこと、伝えたいこと、訴えたいことを、いかにそのまま、つまり、言いたいまま、伝えたがっているまま、訴えたがっているままに聞くこと、理解することができるか。

その実現のための技法なのです。


カウンセラーがそこを勘違いして、カウンセリングの理論や技法を学んだり使ったりしてしまうと、それはただ単に血の通っていない技法の使い手でしかなくなってしまうのです。

そして、一緒になって苦しんでいる過程で、カウンセラー自身が自分のその心の動きを直視し、しっかりと向き合っていくわけです。

そして、クライエントと一緒に苦しみながらも、一緒になって倒れてしまわない。

ギリギリのところで踏ん張りながら、クライエントがクライエント自身の力で立ち上がってくるのを待つ。

ここまでのことができること、ここまでのことをすることが、カウンセリングであり、カウンセラーがプロだと言われる所以です。

そのために、プロのカウンセラーは、様々な訓練と学習を積み重ねてきているのです

幅広い人間理解、心理学や精神医学の知識、、コミュニケーション能力、洞察力、問題解決能力、自己分析、教育分析、そうした自己研鑽を常に怠らない人間が、カウンセラーとしてクライエントの前に座っていると思ってください。


追伸:
鈴木は個別カウンセリングで人間関係の悩み相談を実施しています

人間関係の悩み・ストレスを徹底排除し、余計なストレス・悩みを完全解消しましょう。


人間関係の悩みを鈴木に直接相談したいという方は、下記のボタン
カウンセリングの詳細へをクリックしてください。

鈴木の直接相談へ

人間関係の悩み・問題に対する回答をすぐに欲しい方は、下記のボタン
無料心理テストに進むをクリックしてください。


無料心理テストを試す












 

心理カウンセラー鈴木
 ↓
心に響くメルマガ
Email:
人間関係悩み解決の新たな知恵を得て、ストレスを徹底解消メルマガに今すぐ登録を!


麹町のカウンセリングルーム
●個別カウンセリング詳細




メニュー




新着情報




自信養成法


概要

■ハッピーライフ実践会

電話:080-6555-4735
(予約・お問い合わせ専用)

代表 鈴木雅幸




HOME - ■職場の人間関係■ - ■受講者の声■ - ■相談メニュー一覧■- ■プロフィール■ - ■鈴木の無料相談■
不登校対策サイト