アイデンティティーの問題と頻繁な転職

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、若い人たち(20代〜30代前半)の人たちの中で、仕事についての悩みを訴える人
が増えているように思います。
例えば、自分はこの仕事に向いているのだろうかとか、自分が好きな仕事というのは
何だろうという疑問を抱えて、頻繁に転職を繰り返すという場合です。
頻繁にというのは、一年以内とか、数ヶ月単位でという場合です。
ここで一つ転職について触れてみたいと思います。

基本的に転職というのは、転職すればするほど、待遇や労働条件は悪くなっていきま
す。世間では、転職について、どちらかというと楽観的な面にスポットライトが当たりが
ちです。しかしながら、転職というのは、むしろもっと厳しいものです。

一般的に言って転職では、前の職場よりも賃金、待遇などは低くなりますし、ちょっと
高待遇であっても、労働条件が非常に厳しかったりします。それになによりも、転職を
繰り返すほどに、気持ちの上では落ちていく傾向があります。

よほどその人に才能があったり、ヘッドハンティングのような形でない限り、転職は、ス
テップアップよりも、ダウンが強い傾向にあります。そして、この頻繁な転職の背景にある
のは、アイデンティティーの問題です。

このアイデンティティーというのは、エリクソンという心理学者が唱えたものです。
簡単にいえば、幼児期から学童期(小学校の時)までに身につけるもので、自分らしさ
(個性)と協調性、適応性を同時に満たしている状態のことを言います。

つまり、人の目を気にしてものが言えなくなるのではなく、かといって自己中心的になり、
回りが見えなくなるのでもない。社会に適応し、いろいろな人たちといろいろなことが出来、
尚且つ自分の意思、気持ち、考えを大切にし、時にはそれを主張したり、コントロールでき
るということです。これを、エリクソンという人は、幼児期や学童期(児童期)の様々な経験
によって身につけていくと言っています。

頻繁に転職をする人たちは、このアイデンティティーの危機だといえるかも知れません。
つまり、アイデンティティーが育っていない。

そして、こうした人たちは、大きな誤解をしていることが多いのです。

それはどういうことかというと、自分はいつか好きな仕事に出会えた時、これだというもの
が見つかった時、その時こそ初めて頑張れる、仕事に全力で向かい、自分の力を出し切れ
るのだ。そういう思いを、心のどこかにずっと持っているのだということです。

しかしながら、これは全く逆なのです。

人間というものは、本来、目の前の物事に全力を出し切って取り組む。そういう経験を経て、
初めて自分の好きなこと、自分らしい生き方を発見できるのです。目の前のこと、やらなけ
ればならないこと、これはと思うことに、全力で、がむしゃらに立ち向かう。なりふり構わず
ぶつかっていく。
そういう経験の中から、自分の好きなもの、大切にできるものを実感として体得したり、
見出していけるわけです。

自分の好きなことが見つからないと嘆いてばかりいる人は、おそらく目の前のことに真剣
にぶつかっていったことがない。
自分の持てる力を、これ以上出し切れないというくらい、がむしゃらに取り組んでいったこ
がない人です。

残念ながら、そういう人には春はやってこない。

一生懸命何かをやらなければ見えてこないものがあります。全力で、自分のできることを
全部やったという経験の中でしか、巡り会えないことがあります。
自分の不遇を誰かのせいにするだけで、自分にできることをやらないでいると、そのしっぺ
返しは間違いなく自分に返ってきます。

自分の問題は、自分が何とかするしかない。正直、カウンセリングでも、そういう姿勢がない
と、基本的には難しいでしょう。

さらにいえば、幼児期、児童期に学習し損ねたものを取り戻す。それは、決して容易なこと
でないばかりか、多くの困難を伴う、大変な作業になるということです。

自分の目の前のことに全力で取り組む姿勢というものは、捨て身の姿勢、自分を捨てて物
事にひた向きになるということ。それくらいの姿勢や意識がなければ、おそらくは成就する
ことはできないといえるでしょう。


先ずその第一歩を踏むために、こんな方法もあります。


                   自信養成講座-8


※アナタの悩みを解決するためのメールマガジンをお届け!
  ↓           ↓            ↓
お名前orハンドルネーム:  様    
メールアドレス:

【執筆者プロフィール】
鈴木雅幸:ハッピーライフ実践会 代表/ 心理カウンセラー
 
若い頃から様々な自己啓発書、心理学、カウンセリング書、ビジネス書、メンタルな書物を
読み続け、2001年11月、しあわせ研究室「こころの森」を立ち上げ、数多くのレポートを
アップし、同時にメール相談も開始し、サイト訪問者から高い評価を得る。
その後、さらに本格的にカウンセリング活動を続け、2004年7月には、ハッピーライフ実践会
を立ち上げ、代表となる。
実践会の会員は、2005年3月現在、680名を超え、他に例のないインターネット通信講座
やe-bookセミナーを企画・販売している。
現在もカウンセリング通信教育を中心に、精力的な活動を行っている。
1967年生まれ、二児の父親でもある。

http://www.counselinglife.com

   COPYRIGHT (C) 2001-2005 Masayuki Suzuki All Rights Reserved

このレポートは、文章をそのままでという条件を守って頂ければ、自由に配布、転送して頂いて
かまいません。一部分だけのコピー&ペースト、著作権の未表記、及び販売は厳禁です。上記の
サイトURLと、著者のプロフィールも、そのまま掲載してください。それらの条件を守って頂ければ、
掲示板に紹介したり、メールで転送したり、アナタのホームページにアップしたり、自由にリンクを
はって頂いて結構です。

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       自分を好きになるセミナー  人間関係セミナー  恋愛・夫婦カウンセリング  

       メールカウンセリング  育児・子育て相談    メニュー

       面談カウンセリング   HOME