うつ病チェック3:治療について>

・薬物療法

うつ病は脳内神経伝達物質の異常が原因といわれていますので、基本的には、抗うつ剤や抗不安薬などの薬による治療が必要です。
抗うつ剤には、依存性はほとんどないといわれています。効果が現れるのには、通常1〜2週間ほどと言われていますので、副作用が少なく、効果が出る薬を、医師と経過を診ながら検証していくことになると思います。

・精神療法(心理療法)

薬で症状を軽減させながら、医師またはカウンセラーとじっくりと話し合います。うつ病治療法としては、認知療法やカウンセリングがよく用いられています。


うつ病チェック4:うつ病とカウンセリング>

カウンセリングは、うつ病によって不安定な精神面をサポートする意味で行われます。
自分の性格傾向、今の辛い気持ちや不安、病気への取り組みへの考え方などを言葉にしながら、じっくりと精神的な安定や建て直しも図っていきます。

うつ病チェック-4

面談カウンセリングによる相談

自信がないマイナス思考の自分を前向きに変える通信講座 TOPに戻る